Jメールの退会・解約方法!再登録は可能です

Jメールを解約したいけどやり方が分からない!

そう思っている人。Jメールの解約方法は1分もかからずに簡単に行うことができるのでご安心ください。

ただ、解約前に注意しておくべきこともあります。

今回は損をしないためにJメールの解約時の確認点と解約の手順の詳細をまとめているので操作前にチェックしておいてください。

Jメールの解約方法

JメールにはWEBとアプリの2種類があります。

解約はどちらから行っても問題はないので、自分が操作しやすい方を選んでください。

ではひとつずつ解約手順を解説します。

WEBからの解約方法

まずはJメールをWEBから解約する方法です。

マイページにログインをしている状態で、ページを下部までスクロールさせヘルプ/お問い合わせを選んで下さい。

ヘルプ/お問い合わせを選ぶ

ヘルプのメニューがシステム/機能紹介から並んでいます。

その中の1番下に退会があるので選択し、解約理由を選ぶ画面になるので適当なものを選択してください。

退会を選択する

【解約理由の選択肢】
①メールを配信してほしくない。
②機種変更するため。
③サイトの使い方が分からない。
④年齢認証ができない。
⑤ニックネーム、プロフを変更するため。
⑥新しく登録しなおしたい。
⑦サイトを使わないため。

⑦のサイトを使わないため以外の選択肢を選ぶと、解決方法のサポートページに飛ぶので解約手続きができません。

完全にやめてしまう時はサイトを使わない一択です。

選択すると確認ページに飛ぶので、退会時の注意点を読んで納得できたら退会しますをクリックしてください。

解約をクリック

最後に運営の参考のためにとアンケート画面が開きます。

・良い出会いがあった
・出会いが無かった
・ポイントが足りない
・サイトがおもしろくない
・サイトが不便

ハッピーメールではここでポイントが足りないを選ぶと、一度だけ100ポイントを無料でもらうことが可能です。

100ポイントの受取

メールでいうと14通分が無料ということになります。

ここまでもらって遊ぶのもアリだね~

14通分だと会える可能性もあるからね。使ってから退会するのもいいと思うよ!

100ポイントはいらないから解約したい人はスルーします。

その他の理由を選んで作業を進めて下さい。退会完了と表示されれば、解約手続きは完了です。

アプリからの解約方法

次はアプリからJメールを解約する方法です。

マイページにログインをした状態にして、右上に表示されている歯車のマークをタップしてください。

次に開いた画面の最下部の退会をタップします。

解約ページへの進み方

最後に本当に退会しますか?と表示が出たはずです。

ここで退会をタップすると操作が完了になるので、WEBよりもかなりシンプルな解約手続きとなっています。

アンケートなどは出てきません。

Jメールの解約後の情報の取り扱い

解約後はできれば情報は削除して欲しいものです。

でもJメールに限らず出会い系サイトでは、二重登録や不正利用を防止するために最低限の情報は残ることになっています。

ここでは削除される情報・残る情報についてまとめています。

残った情報が流出なんてことは?

Jメールは第三者機関のJAPHICからガイドラインを満たしていると認定を受けているから安心していいよ

JAPHICについての情報はこちら

Jメールから削除されない情報

不正防止のために削除されずJメールに残る情報です。

この機能があることで詐欺業者や悪質行為で退会処分となったユーザーを排除することができる安心なものになっています。

サーバーにデータが残るだけなので、一般ユーザーには支障はありません。

・会員番号や電話番号などのユーザー情報
・6ヶ月以内のメール履歴
・6ヶ月以内のお気に入りのユーザー
・取得から180日以内のJメールポイント

ユーザー情報などは期限の定めがなく解約後も残り続けます。

でもメールの履歴やJメールポイントは一定の期間内だけは削除されないので、期限をよく確認しておいてください。

ポイントは使い切ってから解約した方がいいよ!

設定したプロフィールは削除されず退会済みユーザーと表示されるため、完全に解約したい時は編集してからにしましょう。

・可能な限り空欄にしておく
・適当な内容を入力しておく
・設定を全部オフにする

これでほとんど情報を残さずに解約が可能です。

他人から閲覧できるプロフィールだけじゃなく、設定をすべてオフにすることで閲覧される可能性も極限まで落とせます。

Jメールから削除される情報

反対に解約と同時に削除される情報もあります。

事前によく確認してから解約手続きをしないと、取り戻すことができない情報もあるので注意してください。

Jメールから削除される情報は以下の通りです。

・アフィリエイト報酬
・6ヶ月が経過したメール履歴
・6ヶ月が経過したお気に入りのユーザー
・取得から180日が経過したJメールポイント

友達紹介のアフィリエイトで得た報酬は解約で削除されます。

もしまだ残っている場合は必ず解約をする前にJメールに出金申請をして取得しておいてください。

メール履歴やお気に入りは保存期間が決まってるってことか!

その通り!最も注意が必要なのはJメールポイント!
せっかく購入したのに削除されるからムダになってしまうよ。

解約するからと購入したポイントが返金されることはないので覚えておいてください。

180日以内にJメールを再開する予定がないのであれば、使い切ってしまうことをおすすめします。

Jメール退会ではなく休止措置

以上のようにJメールは解約することはできます。

ただ、IDなどのユーザー情報は残っているので退会というよりも休止措置と言う方がしっくりくるはずです。

もちろんデータ上では退会ユーザーとして扱われます。

もう一度Jメールを使いたいという時に結局は以前のデータが復元されるので、まっさらな新規とはいきません。

また再開するなら解約のメリットがないんです。

Jメールへの再登録方法

また利用したい時はJメールに再登録ができます。

ただ、何度もお伝えしたように電話番号やメールアドレスなど情報が以前と一致するとただのデータ復元です。

まっさらのアカウントが欲しい時は新しい電話番号が必要となります。

ではJメールで解約したアカウントを元通りにする手順をWEBからの場合とアプリからの場合でご説明します。

WEBからJメールに再登録する方法

まずはJメールの公式サイトにアクセスしてください。

新規登録を選ぶのではなく、ログイン・再登録をクリックしてて解約したアカウントを復活させます。

再登録はログインするだけ

以前の電話番号・メールアドレス・会員IDのいずれかと、パスワードを入れて下さい。

これで再登録が完了します。

アプリからの登録もログインを選び、以前の情報を入力するだけなのでとても簡単です。

退会済みのアカウントですと表示されるので、再開させる場合は再登録をタップしてください。

利用再開の確認

WEBから同様に解約後にプロフィールは削除されています。

再設定をしておきましょう。期限内ならポイントやメッセージ履歴は残っているため、復元されているはずです。

解約後の経過時間によるので、再登録で戻る情報には個人差があります。

強制解約の場合は再登録は不可能

自分から解約したユーザーはJメールへの再登録は可能です。

でも禁止行為を行ったことでJメール側から強制解約をされたユーザーは二度と登録をすることはできません。

第14条(禁止事項)
会員は、本サービスを利用するにあたって、以下の各号の行為又は以下の各号の行為に該当すると弊社が判断する行為を行なってはならないものとします。尚、弊社が禁止事項とする行為及び掲載を発見した場合、当社は掲載内容の削除、又は会員登録の抹消を行えるものとする。
(1)援助交際・売春・買春等の勧誘行為
(2)他の会員を含む第三者若しくは弊社の財産若しくは著作権、意匠権、商標権等の知的財産権を侵害する行為、又は侵害するおそれのある行為
(3)他の会員を含む第三者のプライバシー、肖像権若しくはパブリシティ権を侵害する行為、又は侵害するおそれのある行為
(4)他の会員を含む第三者若しくは弊社を差別若しくは誹謗中傷し、又はその名誉若しくは信用を傷つける行為
(5)他の会員を含む第三者若しくは弊社に対し、無断で広告、宣伝、勧誘等を目的とする電子メール又は受信者が嫌悪感を抱く電子メールを送信する行為
(6)本サービスの利用を通じて得られた弊社の営業上、技術上、開発上その他の情報を第三者に開示又は漏洩すること
(7)本サービスの利用を通じ得られた個人情報を第三者に開示又は漏洩すること
(8)本サービスにより利用し得る情報等(ポイントの残高を含みますがこれに限られません)を偽造、変造、改ざん、消去等する行為
(9)詐欺等の犯罪に結びつく行為
(10)無限連鎖講(ネズミ講)を開設し、又はそれを勧誘する行為
(11)わいせつ、無修正、児童ポルノ若しくは児童虐待等の、法令若しくは公序良俗違反に当たる動画像、文書等を送信又は掲載する行為
(12)選挙運動若しくはこれに類似する行為、又は公職選挙法に違反する行為
(13)宗教運動又はこれに類似する行為
(14)他の会員を含む第三者又は弊社になりすまして、本サービスを利用する行為その他情報を送信又は掲載する行為
(15)本サービスに接続されているシステム又はネットワークへの不正アクセスを試みる行為その他本サービスの運営を妨げる行為
(16)コンピュータウィルス等有害なプログラムを使用若しくは提供し、又はそれらを推奨する行為
(17)クレジットカードを不正利用して本サービスを利用する行為
(18)自己又は他の会員を含む第三者の暗証番号等を不正利用する行為
(19)一人で複数の会員登録を行う行為
(20)その他、法令若しくは公序良俗に違反し、又は他の会員を含む第三者若しくは弊社に不利益を与える行為
(21)前各号に定める行為を助長する行為
(22)その他、弊社が不適切と判断した行為
(23)性行為を目的とした出会いを求める行為

上記に該当する行為をすると、強制解約の対象となります。

ルールを守ってJメールを使っているユーザーに迷惑がかかる行為を行うユーザーは、徹底的に排除されるのです。

強制解約になった場合は再登録はあきらめましょう。

まったく別のスマホからなら登録できるのでは?

そう!そこが抜け穴なんだよね~。

Jメール解約後のおすすめサイト

いい出会いがなくJメールを解約したなら他のサイトもおすすめです。

まだ頑張って出会いを探してみたいと思っているのであれば、以下のサイトもチェックしてみてください。

ワクワクメール

ワクワクメール

会員数 900万人
プロフィール閲覧 無料
メール 1通:5ポイント
機能 コミュニティ/伝言板/WAKU+など
ポイント購入 ・銀行振込
・ゆうちょ振込み
・クレジットカード
・電子マネー
・コンビニ払い
・アプリ課金など

ハッピーメール

ハッピーメール

会員数 2700万人
プロフィール閲覧 無料
メール 1通:5ポイント
機能 ゲーム・日記・占いなど
ポイント購入 ・銀行振込
・あと払いPaidy
・クレジットカード
・電子マネー
・コンビニ払い
・アプリ課金など

PCMAX

PCMAX

会員数 1600万人
プロフィール閲覧 1ポイント
メール 1通:5ポイント
機能 チャット・日記・つぶやきなど
ポイント購入 ・銀行振込
・クレジットカード
・電子マネー
・コンビニ払い
・アプリ課金など

Jメールの解約についてのまとめ

Jメールの解約についてご紹介しました。

簡単に登録も解約もできるのですが、解約をしたとしても一部の情報は残るので注意してください。

・今後一切使わないのであればポイントは消化すべき
・電話番号やメールアドレスで情報が復元される
・新規ユーザーとして再登録するには新しい電話番号が必要
・一定期間が立つと履歴やお気に入りは削除される

以上のポイントを抑えてJメールの解約を検討してください。

一旦100ポイントだけ受け取っておいて、使い切ってから解約をするのもひとつの攻略法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です